大阪のライブバー ファンダンゴ 音楽 ロック ギターのロゴ
link to Fandango schedule page link to Fandango information page link to Fandango links page link to Fandango index page link to fandnago GOODS page
cap gif. file link to Tsuruichi's Fandango live report cap gif. file link to fandnago GOODS page cap gif. file link to Fandango live report archives cap gif. file


FANDANGO presents

2017
MAY
PICK-UP LIVE


5/9(TUE)
『6/9(金)Theピーズ 武道館公演
~勝手に前夜祭 at 十三~』
THe FUCK GETS
(高木まひこfrom.
シェキナベイベーズ&
ユダfrom.HONEY MAKER &
KTR from.マッカーサーアコンチ)
/キャーキャーズ
(from.ギャーギャーズ)
/サコウイサオ/
デュオタムス(from.オータムス)/
ハヤトミルクティーパーティー/
暗闇ひとりぼっち/他


音楽を奏でる者たちが憧れる
「最後の登竜門」と言っても
過言ではない日本武道館。
我らが大ファンであり今年30周年を
迎えるTheピーズが、遂にその聖地にて
周年記念日である6月9日に
ワンマンライブを決行!
こんな嬉しいニュースは無いぞ!
という事で、ピーズが大好きで
大好きで堪らないアーティストが
十三に集い、勝手に武道館公演の
宣伝ライブをおこなっちゃいます!!
しかも各アーティスト最低でも1曲は
Theピーズのカバーを演奏!
the pillowsから始まり、怒髪天、
フラワーカンパニーズ、
THE COLLECTORS、そしてTheピーズ。
20年以上活動するベテランバンドが
繋いだ“バトン”の大成功を願い、
そしてそのステージに
立ちたいという野心も込めて、
魂を叫びます!



6/9(金)Theピーズ 武道館公演
6/9(金)Theピーズ 武道館公演
~勝手に前夜祭 at 十三~


5/12(FRI)
『クリトリック・リス
2ndアルバム
「HAGECORE」
リリースワンマン』
クリトリック・リス
FOOD:食笑


45歳でメジャーデビュー、渋谷WWWの
ワンマンライブでソールドアウト、
今も公開が続く映画「光と禿」にて
初主演を努めるなど、
アンダーグラウンドシーンで
活躍するアーティストとしては
異例の快進撃が続くクリトリック・リス
からまた驚きのニュース!
何とレーベル最大手とも言える
ソニー・ミュージックから、
2ndアルバム「HAGECORE」を
発売したのだ!
そしてまたもや東名阪にて
ワンマンライブを敢行!パンツ1枚で
ステージ上を暴れまわり、
過激な馬鹿騒ぎを始めたかと思いきや、
日々の葛藤や商業音楽への真剣な
アンチテーゼ、哀愁にまみれた
リリックをさらけ出し、最後には
心を掴んで涙腺を緩ませる。
遅咲きゆえに生まれた
“奇跡のサブカルスター”が
魅せる危険な宴、体感必須!


クリトリック・リス
クリトリック・リス


5/13(SAT)
『the extreme jet scream 2017
~GRIFFIN vs Oi-SKALL MATES』』
GRIFFIN/Oi-SKALL MATES


パンク・ハードコアなど、ストリートに根ざしたUKサウンドを根底に
持ちながらも、独自の音世界を自由気ままに掻き鳴らすGRIFFINと、
結成20周年を迎えても今も尚立ち止まらず、
]セクシーでヴァイオレンスでパンキッシュなダンスフロアを
世界中で創り上げるSKAバンド、Oi-SKALL MATESによる2マンライブが決定!
ライブハウスに重きを置き、シーンを築いてきたベテラン達のステージは必見!


GRIFFIN
GRIFFIN
Oi-SKALL MATES
Oi-SKALL MATES


5/14(SUN)
『騒音寺とKiNGONSの
"日本騒乱万博ツアー2017"』
騒音寺/KiNGONS


ソウルフルでダンサブルかつ艶やかで
クール!京都が世界に誇るR&Rバンドの
騒音寺と、怒涛のスケジュールで各地を
回り、フレキシブルなPOP PUNKを
爆音で響かせる宇都宮発の暴れ馬、
KiNGONSがタッグを組んで
全国21箇所を回る
"日本騒乱万博ツアー”が遂にスタート!
大阪場所はゲストを入れず、
正真正銘の一騎打ち!
ガチンコ2マンバトルです!
ジャンルやキャリアは違えど、
音楽の根っこで繋がり、
認め合った両者の生き様と
プライドをお見逃し無く!


騒音寺/KiNGONS
騒音寺/KiNGONS


5/19(FRI)
『SET YOU FREE
20th Anniversary!!
「TEENAGE BOTTLEROCKET
JAPAN TOUR 2017』
TEENAGE BOTTLEROCKET/
SO-CHO PISTONS/
THE KNOCKERS/THE WIMPY'S


痛快なスリー・コードで突っ走る
ラモーン・パンクに加え、極上の
メロディーを融合させる事で独自の
サウンドを確立し、多大な影響を
与え続けているアメリカの
TEENAGE BOTTLEROCKET、
何と2008年ぶりの再来日が決定!
しかも首都圏でのライブしか叶わな
かった前回とは違い、日本各地で
怒涛の9日間連続ライブです!
しかも前回も初来日公演を取り
仕切ったSET YOU FREEが
“20th AnniversaryTour”として
イベントを企画!
日本を代表するエイトビート&
スリーコードパンクバンド、
札幌のTHE KNOCKERSと、
広島のSO-CHO PISTONSが全公演に
帯同し、大阪編はこのラインナップに
更にTHE WIMPY'Sも出演!
爆音高速エイトビート響く灼熱な
空間に是非お越し下さいませ!


TEENAGE BOTTLEROCKET
TEENAGE BOTTLEROCKET


5/20(SUN)
『博多ザ・ブリスコ
アナログシングルレコード
第2弾『with the wind』
レコ発ツアー 大阪編』
博多ザ・ブリスコ/THE RUDEBOYS
/ひまつぶし/がらくたロボット


ベースレスと言う編成ながら、ロックンロールの 既成概念をブチ壊し、幅広い音楽性とポップスを 存分に凝縮した唯一無二のパフォーマンスで、
九州R&R界のキングとして君臨している 博多ザ・ブリスコが、
待望の新音源を携え十三に帰って来る!
共演するのは、1981年結成以降、商業パンクや ニューウェーブという流行音楽が
吹き荒れていたにも関わらず、 スタンスを変える事なく現在まで サバイブし続け、今春にBEST盤を リリースした、THE RUDEBOYS!
そして平成が生んだ若きR&Rの異端児、 ひまつぶしとがらくたロボットも参戦!
ベテランとホープによるライブハウス ならではの一戦です!


博多ザ・ブリスコ
博多ザ・ブリスコ
THE RUDEBOYS
THE RUDEBOYS


5/21(SUN)
片山ブレイカーズ&
ザ☆ロケンローパーティ
/間慎太郎バンド
/THE JEAN GENIES


心沸き立つ重厚なサウンドと五感を
舐めまわす感情的なソウルビート、
片山尚志の絡みつくような
ヴォーカルで絶頂を誘う、京都の
片山ブレイカーズ&ザ☆ロケンロー
パーティから待望となる新音源の
お知らせ!しかも原点回帰という
事でライブ会場限定発売。
と言えば!そうです!
その音源の発売記念となる最高の
リリースイベントを
開催します!ゲストに迎えるのは、
バラエティ番組出演や俳優も
こなすなど、マルチな才能が高く
評価されているにも関わらず、
路上ライヴや音楽活動に軸を
置き唄を届ける、間慎太郎が
バンドセットで出演!
オープニングアクトには
バンド結成から間も無いにも
関わらず、主催イベントを
定期的におこない話題を集めている
THE JEAN GENIESが登場!
艶やかなR&Rが響く夜です!


片山ブレイカーズ&ザ☆ロケンローパーティ
片山ブレイカーズ&
ザ☆ロケンローパーティ


5/24(WED)
『FANDANGO NIGHT TOUR
2017 EAST-TOUR FINAL!!-』
ギャーギャーズ/イヌガヨ/
忘れてモーテルズ/THE TOMBOYS


岩手から鹿児島まで全10都市を廻り、
各地のライブハウスで十三臭を
漂わせまくった“ファンダンゴ
ナイトツアー”が復活!
今回参加するのは、前回のツアー
にも参加し“大阪民謡パンクバンド”の
存在を全国に轟かせてくれた
暴君4人組、ギャーギャーズ!
堺発、純粋無垢の思いを爆音の
パンクサウンドに乗せて心に響かせる、
イヌガヨ!
古き良き歌謡音楽とR&Rを融合させ
心を踊らせてくれる、
忘れてモーテルズ!
海外ツアーやグレン・マトロック
(セックス・ピストルズ)のジャパン
ツアーサポート等、ワールドワイドな
活動で人気を集める
ガールズポップバンド、
THE TOMBOYS!
岩手・仙台・東京を巡り、
切磋琢磨し合ったツアーの最終戦。
超絶見逃し厳禁ですぞぉ!


FANDANGO NIGHT TOUR
FANDANGO NIGHT TOUR


スケジュール インフォ ホーム リンクス E-mail

Return to Top of page↑

Copyright(C) 1999-2017 Live-Bar Fandango. All rights reserved.
1-17-27 Juso-Honmachi
Yodogawa-ku
Osaka, Japan
call: 06-6308-1621
fax: 06-6301-2511
email: fandango@fandango-go.com