大阪のライブバー ファンダンゴ 音楽 ロック ギターのロゴ fandango rock side live link english language link
link to Fandango schedule page link to Fandango information page link to Fandango links page link to Fandango index page link to Fandango message board
cap gif. file link to Fandango pcik-up live page link to Fandango band profile archives page link to Fandango live report archives cap gif. file

fandango t-shirt banner

『写真/オレとヨシヨシ(GRIND ORCHESTRA/NASCA CAR)'97』

『写真/オレとヨシヨシ(GRIND ORCHESTRA/NASCA CAR)'97』

※ファンダンゴでは、各日のチケットの電話予約・E-mail予約を受け付けています。
お気軽にお問合せ下さい。


吠えろ!ファンダンゴ!!
#19 春眠

今、私は自宅から程遠い泉南市のとある回転寿司屋で、春の日差しを浴びながら、ビー ルと寿司を楽しんでいるところである。好き好んで朝っぱらからこんな所でビールを 飲んでいる訳ではない。これには訳があるのである。
あれは昨晩の出来事であった。ファンダンゴを終え、阪急、地下鉄と電車を乗り継い で、ようやく南海難波駅にたどり着き、和歌山市行きの区間急行に飛び乗った私は、 いつもの様に「今日のライブはどうやった」等と目を閉じて一人で反省会を開いてい た。発車して10分経った頃、車内に「次はー、堺、堺でございます。」と車掌さん の声が鳴り響き、「やっと着いた!」と思ったその瞬間、降りる準備をするどころか、 そのまま気を失ってしまったのだった。それから1時間位経って目覚めた私は「寝過 ごした」事に気着いて、すぐ次の駅で電車を降りたのだが、ここがどこなのか、何が 何だか全く解らない。とりあえず、この駅で一晩寝かせてもらおうと思い、駅員さん に「堺まで帰りたいんですけど始発まで寝させてもらえませんか?」と哀願したのだ が、あっさり断られてしまう始末だ。ミスを犯した人間に社会は冷たいものである。 こうなったら、タクシーで帰ったろか!とも思ったが、タクシーで帰ると20000 円と言われた。結局、私は真っ暗な田舎道を北に向かって歩く事にした。最初は「毎 晩、大音量で聞いているバンドの音もいいが、車も通らないこんな所で、春の匂いを 感じながら聞く鳥や虫の泣き声もええもんやなあ。」等とわざとシリアスになりなが ら歩き続けている自分に酔っていたりもしたが、そんなもん1時間もしたら飽きるも のである。とりあえず、腹が減ったのでコンビニを探す為に大通りに出る事に決めた。 必要無い時にはやたら目に着くコンビニだが、必要な時にはなかなか見つからないも のである。歩き続けてようやく緑色の看板を見つけた。ファミマである。ある種の感 動を覚え、立ち寄ったファミマでパンを買い歩いていると、運が悪い事に単車と車合 わせて30台程の暴走族にからまれたのである。「お前!何しとんねん!」そんな事 を今さら言われても何も恐く無い。「堺まで乗せてってくれや!」私は答えた。「何 で、そんな田舎まで行かなあかんねん!ボケ!ユタカで泊まれ!」と言われた。彼等 が通り過ぎた後「どっちが田舎じゃ!ユタカって何やねん!」と思いながら歩いてい ると、田んぼの真ん中にある「ユタカ」というビジネスホテルを発見した。このまま 歩き続けるかユタカに泊まるか迷ったが、泊まる事にした。格安であるのとZIP探偵 団の蛾次郎並みに色々な事を発見出来たからである。
今朝9時にユタカを出てから2時間歩いて、やっと泉佐野の駅前まで来た。ここから は電車で帰ろうと思う。堺までは、30分位で到着するだろう。ただ、電車に乗る前 にのどの乾きと空腹をどうにかしたい。そんな気分だ。
今、私は自宅から程遠い泉南市のとある回転寿司屋で、春の日差しを浴びなら、ビー ルと寿司を楽しんでいるところである。昨晩からの疲れからか朝っぱらのビールから か春の暖かさのせいからか、何となく回ってくる寿司ネタをバンドや自分の生き方に 置き換えて、ぼんやりと色々考えている。もしも、私が寿司ネタだったら、レーンに 流れた瞬間に食われてしまいたいと思う。「こいつ、旨そうやから新鮮なうちに食う たれ。」と言われたい。ただ、いつまでたっても流れっぱなしで、最後には捨てられ る様な寿司ネタにだけにはなりたくない。ファンダンゴも一緒である。
皆さん!「ファンダンゴは、新鮮なええネタ置いてまっせ!毎日、入れ代わり立ち代 わり、ええもん出しますから!これからも御贔屓に!おっと!ビールも冷えてまっせ え!ありがとお。おおきに。」
[写真/地球防衛トリオ:俺(左)とBARの吉田(右)と隊長(真中)]

3/28 live report 4/04 live report 4/08 live report 4/12 live report

スケジュール インフォ pick-up リンクス E-mail

Return to Top of page↑

Copyright 1999-2002 by Live-Bar Fandango. All rights reserved.
1-17-27 Juso-Honmachi
Yodogawa-ku
Osaka, Japan
call: 06-6308-1621
fax: 06-6301-1322
email: fandango@fandango-go.com