大阪のライブバー ファンダンゴ 音楽 ロック ギターのロゴ fandango pick-up live link english language link
link to Fandango schedule page link to Fandango information page link to Fandango links page link to Fandango index page link to Fandango message board
cap gif. file link to Fandango pcik-up live page link to Fandango band profile archives page link to Fandango live report archives cap gif. file

fandango t-shirt banner

with 15th item

※ファンダンゴでは、各日のチケットの電話予約・E-mail予約を受け付けています。
お気軽にお問合せ下さい。


吠えろ!ファンダンゴ!!
#37 祝!ファンダンゴ15周年!!

阪急十三駅の西出口を出て徒歩5分。確かこの辺りにファンダンゴがあったはずなのだが・・・。久しぶりにファンダンゴに来たので 少し迷ったのかもしれない。
「おっ!焼肉しいちゃん!」まだ存在しているではないか!確か、しいちゃんの目の前が
ファンダンゴ だったはずだ。あった!あった!この門構え!昔のままのファンダンゴがそこにあった。
早速、落書きだらけのドアを開けてみたのだが、 そこは想像を絶する光景で埋め尽くされていた。なんと、ドアの向こうは甲子園球場4つ分位の膨大な広さがあり、 まるでスペイン辺りの闘牛場のような感じの野外のライブ会場になっている。場内は砂煙りが立ちこめていて、全体的になんだか 曇っている。客席までは歩いて10分はかかりそうだ。
ゆっくりと歩いて客席に向かっていると、割に知った連中の顔を見かける。 なんだか少しほっとしていると、向側からゼンマイ仕掛けの人形のような歩き方をした人が俺の名前を呼んでいる。 しいちゃん(ファンダンゴ向かいの焼肉屋のおばあさん)だ!
「つるさん、つるさん、久しぶりやなあ。皆で探してたんやでえ。」
あれから15年は経ったはずだ。恐るべき生命力!元気そうで良かったなどと思っているうちに、ようやく客席に到着した。

今日のライブは何かとステ―ジを見下ろしてみた。ハ―ドコアパンクのライブのようだ。
お客さんの入りはイマイチだが、 子供から年寄りまで色々な人達が無茶苦茶に楽しんでいるのが印象的であった。風船を飛ばし続ける人、輪になって酒を飲んでいる人、 ステ―ジ前で踊り狂っている人、昼寝している人、各自様々な楽しみ方でこの日のライブを楽しんでいる。さすがはファンダンゴ! 何年たっても面白い所やなあ。しばらく、そこでゆっくりしていたら、ある人が奥のほうにも 面白いスペ―スがあると教えてくれたので、そっちに移動する事にした。
そこには、サ―カスのテントが立っていて、 そのテントに一歩足を踏み入れると、そこには俺が居た時代のファンダンゴのステ―ジが再現されていた。ペイントだらけの壁、 当時のポスタ―、低いステ―ジ、雰囲気も最高だ。そして、ふっとステ―ジに目をやると、俺の大好きな死んだはずのロニ―レ―ンが 大人数のミュ―ジシャンを引き連れて演奏しているではないか。俺は無性に酒が飲みたくなり「バ―はどこだ?」と尋ねた。 バ―はテントを出て右に曲がったところにあるらしい。「どんな感じのバ―になってるんやろか?」不安と期待を抱えて、 俺は一目散にテントを出てバ―に向かった。

なんとショッキングな事に、バ―は回転寿司屋になっていたのだった。 もう一つショッキングな事に、寿司をにぎっているのがトヨちゃん(現在のバ―テン)だったのだ。
トヨちゃんは俺の顔を見たとたん 「久しぶりやなぁ。今、忙しいねん。3番テ―ブルにビ―ルとマグロ持って行って!それ終わったら、カウンタ―入って寿司にぎってや! !」と言った。俺は「これ、どないしたん!」とトヨちゃんに聞いてみると、トヨちゃんは「いや、つるちゃん!ライブだけじゃあ食って いかれへんからなぁ。回転寿司始めてん。」と答えてくれたのだった。ここで、俺の長い夢は幕を閉じた。

1987年10月20日のオ―プン以来、皆さんのお陰でようやく15周年を迎える事が出来ました。当初は短命でも 面白ければと思っていた部分もありましたが、最近やっと続けて行くことの素晴らしさと難しさと楽しさを感じることが出来てきました。これからも皆さんに面白いモノを常に発信し続ける場所として存在していきますので、末永く見守っていって下さい。これからが、スタ―トだと思っていますので叱咤激励をヨロシクお願いします。 この15年間、遊びに来ていただいた人々、出演していただいた人々、あらゆる面でファンダンゴに携わっていただいた人々、 歴代のファンダンゴのスタッフの人々、全ての人々に感謝の意を捧げます。そして、これからもヨロシクお願いします。 これからも一緒に面白いモノを創っていきましょう。とりあえず、またファンダンゴで会いましょう! そして、一緒に飲みましょう!ほんなら。
(写真/オレとファンダンゴ15周年記念グッズ 文/カトウポロ1)

08/29 live report 08/30 live report 09/7 live report 09/15 live report

スケジュール インフォ pick-up リンクス E-mail

Return to Top of page↑

Copyright 1999-2002 by Live-Bar Fandango. All rights reserved.
1-17-27 Juso-Honmachi
Yodogawa-ku
Osaka, Japan
call: 06-6308-1621
fax: 06-6301-1322
email: fandango@fandango-go.com