大阪のライブバー ファンダンゴ 音楽 ロック ギターのロゴ fandango pick-up live link english language link
cap gif. file link to Fandango schedule page cap gif. file link to Fandango information page cap gif. file link to Fandango links page link to fandnago GOODS page cap gif. file
cap gif. file link to Fandango pcik-up live page cap gif. file link to Fandango index page cap gif. file link to Fandango live report archives cap gif. file

DVD

ONSEN

※ファンダンゴでは、各日のチケットの電話予約・E-mail予約を
受け付けています。お気軽にお問合せ下さい。


吠えろ!ファンダンゴ!!
#57 夢と希望を



  つい先日、前回でも紹介した旧ファンダンゴスタッフである野間、吉田の両氏と現スタッフである山口とで久々に一晩中飲む機会があった。 色々と昔話に花を咲かせ、非常にヘベレケで楽しい夜を過ごしたわけであるが、その折にちょいと嬉しいことがあったので御報告させて頂きたい。 この野間君、今年の6月からGRAPHIC DESIGNの修学の為渡英することになったのである。しかも長年勤めていた音楽関係の仕事を辞め、1から始めるとのことである。 まさに『チャレンジ』である。本人いわく、昨年の新宿ロフトにおけるFANDANGO-NIGHTでの我々の遊びっぷりを見て意を決したと言うのである。 嬉しい限りではないか!やりたい事をやらなかったのを後悔するくらいなら、今やりたい事を思う存分やるというのはとても大事なことである。 それは正にファンダンゴの基本精神そのものである。この見事なまでにファンダンゴマジックにかかった野間君を蔭ながらではあるが、 皆様と共に応援しようではないか。

さて、前置きが長くなってしまったが、俺がファンダンゴにお世話になってからかれこれ13年余り。ホント月日が流れるのは非常に早いものである。 学生時代に二年程ファンダンゴで世話になり、大学卒業後、とある 不動産会社に勤め土地買収・ゴルフ会員権の販売という仕事に就くが、「外回り」と言う名を借りてサボりまくる自分が嫌になり一年半で退社。 翌日即、ファンダンゴに履歴書を持って行き、その日から採用となり再びファンダンゴに世話になることになったのである。当時のスタッフというと、 店長であるMuちゃんを筆頭にPAPA、Poさん、キョウコちゃん、テッチャンというレギュラー陣に加え、バイトのスミちゃんと現在精神修行の旅に出ている 加藤がいたのであるが、不思議なことにその頃の加藤のことは全く覚えてないのである。うっすらと覚えているのは加藤が失踪(一回目)し、 当時スタッフが大騒ぎしていたということだけである。後に加藤が再び復帰するもその時のことは記憶にないのだが、加藤と交流を深めるきっかけになったことは 今でも覚えている。そう、TVドラマである『俺達の旅』である。幸か不幸か、互いの共通の話題がそれだったのである。その後、 先代スタッフ陣はファンダンゴを離れることとなり、加藤と共にこのファンダンゴを切り盛りすることになってはや8年。 月日が流れるのはホントに早いものであるが、働きはじめた当初はこのような展開になるとは、考えもしなかったことである。人生とは不思議なものである。 その間いろいろな人に出会い、いろいろな出来事が山のようにあったが、どれもこれも今の自分にとってはとても大事な財産になっているのは、 自分の誇りであると同時にファンダンゴへの感謝でもある。まだまだこれから先、どう転ぶかは分からぬ人生ではあるが、とりあえずはここファンダンゴで 本文冒頭でも述べた「悔やむ事なく、目一杯楽しむことに全力を尽くす」ことからはじめようと思う。また、読者の皆さんにも最高の遊び場所あるよう スタッフ一同切磋琢磨して行きますので、これからもking of live bar "FANDANGO"をよろしく!! さて、今回をもって私めの『吠えろ!ファンダンゴ!!』は終了させて頂くことになります。短期連載でしたが、少しでも楽しんで頂けたのなら幸いです。 次回はお待ちかね!精神修行を無事?終えた加藤鶴一の復活第一弾です。お楽しみに!
(写真/PANDAな俺と野間と吉田 文/10-4)

5/3 live report 5/11 live report 5/13 live report 5/20 live report

スケジュール インフォ pick-up リンクス E-mail

Return to Top of page↑

Copyright 1999-2004 by Live-Bar Fandango. All rights reserved.
1-17-27 Juso-Honmachi
Yodogawa-ku
Osaka, Japan
call: 06-6308-1621
fax: 06-6301-1322
email: fandango@fandango-go.com