大阪のライブバー ファンダンゴ 音楽 ロック ギターのロゴ fandango pick-up live link english language link
cap gif. file link to Fandango schedule page cap gif. file link to Fandango information page cap gif. file link to Fandango links page link to fandnago GOODS page cap gif. file
cap gif. file link to Fandango pcik-up live page cap gif. file link to Fandango index page cap gif. file link to Fandango live report archives cap gif. file

ウルトラ募集

WALL&TURU1

※ファンダンゴでは、各日のチケットの電話予約・E-mail予約を
受け付けています。お気軽にお問合せ下さい。


吠えろ!ファンダンゴ!!
#67 ロックンロールの真っ最中 



  祭りが終ったあと、非常に寂しい気分になる。僕は昔からそうだった。それは、例えば旅の終わりでも、恋愛の終わりでも、盛上がったライブの終わりでも、 楽しかった一日の終わりでも、全て共通して言えることだ。今、長いようで短かったファンダンゴの外壁工事が終ろうとしている。 思えばこの一ヶ月間、ファンダンゴの営業がないのをいいことに、いろいろな場所に足を運び、いろいろな人々と出会い、いろいろな経験をさせてもらい、 実に有意義で濃厚な忙しい一ヶ月を送ってきた。そんな生活にも別れを告げようとしている3月末の満月の夜、何だか寂しい気持ちで焼酎を飲みながら、 昔の日記を何気なくパラパラとめくっていた。その日記の中に、そんな寂しい気分を吹っ飛ばすような面白い文章を発見したので、ここに記することにした。

『うっひょー、ラジオからTHE WHOのMY GENERATIONが大音量で響き渡っているぞ。おう、かっこいいぜ。ロックだねえ。よーし、ロックのレコードを ガンガンに聞かせてやるぜ。そう、フーにストーンズにビートルズそしてディラン、まだまだ続くぜ。俺のセレクションは最高。もっと、友達を呼ぼう。 ぶちぎれるほどに興奮しよう。レコードにコーヒーとタバコ。日が暮れたらビールもいいな。よーし、たまには、しっとりしたバラードでも聞かせてやろうか。 何がいいかな。こんな冬の夕暮れにはRCサクセションなんてどうかな。若かった頃の君と僕を思い出すようだ。さあ、さあ、ロックはまだまだ続くぜ。一晩中、一生。 もっと、もっと、友達を呼ぼう。ごきげんなレコードや雑誌なんかも持ってこい!そろそろ、酒も足りなくなってきたなあ。ウイスキーはトリスが最高。 まずはビールで乾杯。そして、部屋中が真っ白けになるまでタバコを吸おう。俺の邪魔をするな。よし、レコードはピストルズだ。 近所の連中に文句なんて言わせてたまるか。俺はロックンロールの真っ最中なんだ。次は、よし、ニールヤングだ。あいつに言葉を突き刺してやれ。 まるで殺人事件だ。そして、天井にポスターを貼ろう。マックイーンのカラーのやつとジョンレノンの白黒のやつでいいよ。よし、夜は続くぜ。 今宵は死ぬまで、語りあかそう。昔の話でもいいや。日頃のグチでもいい。これからを語り合うのも楽しそうだな。あっ、あの娘は元気かな。 よし、電話で呼び出せ!!紅茶の準備をして大歓迎だ。レコードはもっともっと優しいやつに変えてくれ。よーし、楽しくなってきたぞ。夜よ叫べ。うおー。 夜よ終るな。ニワトリよ、カラスよ、ゆっくり眠りなさい。鳩もまだいいよ。俺はロックンロールの真っ最中なんだ。もっと楽しもうよ。夜よ明けるな。 ロックンロールの真っ最中なんだ。レコードを回せ。楽しいなあ。もう一回乾杯しよう。』

見事な程に勢いだけの文章ではあるが、僕はこれを読んで感傷に浸っている暇などないと思った。そうだ、人生の祭りには終りなんてないのだ。 人生の旅にも終わりなんてないのだ。終わりがあるとすれば死んだ時である。それまでは自分のロックを止めることは出来ない。 常に、ロックンロールの真っ最中でなければならないのだ。そう考えると、4月からの新生ファンダンゴが楽しみで仕方なくなってきた。 どんなレコードを皆さんに聞かせてやろうか。どんな酒を振る舞ってやろうか。そして、どんなロックをぶちかませてやろうか。 新しく生まれ変わったファンダンゴの外壁を見がてら、是非とも期待して遊びに来て下さい。必ず帰り際に何だか寂しい気分にしてみせますので。 冬が去ろうとしている3月の終りの真夜中に、この世のものとは思えない綺麗な満月を見て、こんな気分になった今日この頃です。
(写真/ロックンロールの真っ最中 文/加藤鶴一)

スケジュール インフォ pick-up リンクス E-mail

Return to Top of page↑

Copyright 1999-2005 by Live-Bar Fandango. All rights reserved.
1-17-27 Juso-Honmachi
Yodogawa-ku
Osaka, Japan
call: 06-6308-1621
fax: 06-6301-1322
email: fandango@fandango-go.com