大阪のライブバー ファンダンゴ 音楽 ロック ギターのロゴ fandango pick-up live link english language link
cap gif. file link to Fandango schedule page cap gif. file link to Fandango information page cap gif. file link to Fandango links page link to fandnago GOODS page cap gif. file
cap gif. file link to Fandango pcik-up live page cap gif. file link to Fandango index page cap gif. file link to Fandango live report archives cap gif. file

バンド募集

20th本

ウルトラ募集






*訃報*
「コッテリ/吉田正さん(ex.BODY/UNIT-4/他)をご存知の方へ」
4月26日未明、コッテリの愛称で親しまれていた吉田正さん(享年50歳)が肝硬変の為、
お亡くなりになられました。コッテリさんは、僕がファンダンゴに入った頃から
お世話になっていた方で、バンドとしては当時BODYやUNIT-4で活躍されていて、
公私ともにお世話になっていた大先輩であり、突然の悲報に僕自身も驚いております。
少しでも多くのコッテリさんをご存知の方に、この事を知っていただけたらと思い、
この場を借りた次第です。
コッテリさんが好きだった十三より、心からご冥福をお祈りいたします。
(ファンダンゴ/加藤&ファンダンゴ一同)




tooth brush
『見よ!これが歯周病と宣告された中年の新たなるパラダイスだ!!』

※ファンダンゴでは、各日のチケットの電話予約・E-mail予約を
受け付けています。お気軽にお問合せ下さい


吠えろ!ファンダンゴ!!
#151 春と歯磨きと歯ブラシと



春がもうそこまでやって来ている。バタバタと下品な音を立てて、嫌な感じでやって来るのではない。 抜き足差し足で、誰にも気付かれぬようにして、ゆっくりと近づいて来るのである。だが、 そんな忍者のような春の訪れを、僕の体は敏感に察知して、僕にちゃんと教えてくれる。毎年 冬から春への変わり目に、必ず体調を崩すのである。今年は大丈夫かも?と思った矢先に、原因不明の 高熱に1週間程冒されるのである。最初は風邪なのかと思ったりもするのだが、基本的に高熱が出て体の 節々が痛くなるだけなので、どうも風邪ではないようだ。実際、今現在も体の節々が痛く、寒くて寒くて 仕方がない。長年の経験から、こういう場合は酒である。風邪薬や熱冷まし、色々な薬があるけれども そんなケミカルなものよりも、一番の薬は酒を本気で飲む事にある。毎年の事だが、この症状が出ると、 もう春なんだと思う。春は忍び足で、すぐそこまで来ていたのだ。

僕は体調を崩すと右上の糸切り歯の調子がおかしくなる。痛いのではない。何だかそこだけが歯茎から 浮いているような感じになる。今にもポロッと取れてしまいそうな、そんな何とも説明できぬ違和感を 感じるのだ。この症状は、大概の場合、体調を崩す前日もしくは前々日から現れる。例えば、歩いている時の 振動が直接右上の糸切り歯に伝わるのである。歩く度に糸切り歯が叫ぶ。「早く、お前の口から出してくれ!」。 そんな糸切り歯の悲痛な叫びを聞くと、僕は「ああ、明日からまた調子が狂うのだな」と思うのである。調子が おかしくなると、高熱の為に熟睡出来ず、一晩中夢の中でうなされてしまう。仕事の事や家庭の事、様々な悪夢が 僕に襲いかかる中、特に恐怖を感じるのは、歯が徐々に抜け落ちてしまう夢である。5年前、歯周病と診断されて、 奥歯のほとんどを抜かれてしまった僕にとって、大切な歯をこれ以上失う事は出来ない。そんな僕の中の熱い思いが 転じて、そのような悲惨な夢が出てくるに違いない。

しかし、奥歯が無いと困る事が多い。あれ程、奥歯で食物をすり潰しながら、ゆっくりと時間をかけて貴族のような 毎食を楽しんでいた僕にとって、奥歯が無くなったという事実は致命傷以外の何ものでもない。奥歯があれば、 見事にすり潰せた食べ物も、今となってはある程度細かく砕くまでが精一杯である。特に魚の骨、硬い肉、根菜等は 困る事が多い。噛んでも噛んでも少し形が残ったままで、それ以上は細かくなってくれない。必然的に喉の通りも悪くなり、 何とか飲み込んだとしても、違和感だけが残っている感じだ。こんな状態では満足な食事と言える筈もない。 絶対に内蔵にも良くない筈だ。このままでは内蔵も悪くなってしまうんじゃないだろうか。そんな不安感から、 現存しているあらゆる歯を駆使して、奥歯の代わりになるような噛み方がないものかと、色々と試みてみたが、 やっぱりどうしても無理がある。最後には、上顎と下顎を交互左右に動かして、ヤギやヒツジを手本にチャレンジ してみたものの、やっぱりダメだった。これには今も悩まされている。ああ奥歯の大切さよ。こんな事になる前に もっとしっかり手入れをしておけば良かった。後悔先に立たずである。

5年前、歯科医で歯周病という屈辱的な診断をされてからというもの、僕は歯を入念に磨くようになった。これ以上 歯周病を進行させてはならないからである。歯周病という言葉の響きのカッコ悪さよ。まだ、虫歯と言われる方が カッコいいじゃないか。これ以上、あのインテリ歯科医に「完全な歯周病ですね。ハッハッハッ!」と笑われない為にも、 僕は上手に歯を磨き続けなければならない。歯磨きに必要な道具は、歯ブラシと歯磨き粉である。それからというもの、 僕の薬局通いは始まった。それまでは薬局なんて全く興味がなかったが、今では完全な薬局ファンである。薬局と言えども、 僕の場合は歯に関するコーナーにしか興味がない。特に歯ブラシのコーナーは面白い。歯ブラシだけでも大変な種類がある。 極細ブラシ、山切りカット、平面ブラシ、ブラシの部分が一列しかないやつ、丸い束になってるやつ、銀入りブラシ、炭ブラシ、 豚毛ブラシ、毛先が丸いやつ、電動歯ブラシ等などと、数えきれない種類の歯ブラシが発売されている。またブラシの大きさも、 幅広、普通、コンパクト、超コンパクト等があり、ブラシの硬さも、かため、普通、やわらかめ等に別れている。あれ以来、 様々な歯ブラシを試してきたが、未だこれだという答えは出ていない。だからなのか、新製品を見つけてしまうと、無意識のうちに 買ってしまうようになってしまった。歯磨き粉の場合は、この5年で自分なりの答を出せた感があり、よっぽどの新製品が出ない限りは、 手を出さないようになったが、歯ブラシに関しては奥が深すぎて困る。今も、もし新しい歯ブラシが発売されてたら どうしようかと考えたら、ドキドキしてきた。この原稿が仕上がったら、十三の薬局を回ってみる事にする。

そんな歯ブラシマニアの僕だが、一つだけ困った事がある。それは、入念に磨かなければいけないという気持ちが いつも先走り過ぎて、なかなか磨きだせないという点である。やっぱり何事も真剣勝負となると、気合いが必要になってくる訳で、 それなりのパワーが必要となってくる。本当は食後すぐに磨きたいのだが、どうしても怠け心を優先してしまう。 特に夜は、磨かずに眠ってしまう事が多々あったりする。結局は、歯磨きが嫌いなのかもしれない。今我が家には、 たくさんの新品の歯ブラシが出番に備えて眠っている。この状態を世間では、需要と供給のバランスが崩れていると言う。 このバランスをうまく保つ為には、僕がしっかり1日3回の歯磨きを決行すれば良いだけなのだが、やっぱり面倒臭い。 しかし、後悔先に立たずだ。そんな事を言って怠けていると、今問題である右上の糸切り歯が抜かれてしまうぞ。また、 あのインテリ歯科医に「ハッハッハッ、歯周病がひどくなってますね。」と笑われてしまうぞ。 春ももうそこまで来ている事だし、この原因不明の高熱が落ち着いたら、久しぶりに歯医者にでも行ってみるか。 でも、また歯を抜かなアカンようになってしまってたら嫌なので、しばらく様子を見てから、考える事にしよう。


*東日本大震災義援金に関して*
3/12(月)に開催しましたチャリティーライブ「ONE WORD FOR ONE WORLD」
(出演:SuiseiNoboAz/ワッツーシゾンビ/クリトリック・リス/
ギャーギャーズ/ADULTPLIN)の、 入場料 ¥ 1000×71名分= ¥ 71,000は、
『東北ライブハウス大作戦』内のIdol PunchのRACCO氏率いる
「RACCOS BURGER大船渡」に全額寄付しました。

尚、ファンダンゴ常設募金箱(3/25精算分)に
つきましては、来月報告させていただきます。
引き続き、宜しくお願いいたします!!


『NBC作戦本舗』
『南相馬の託児所「KID'S CLUB」』
『ONE WORD FOR ONE WORLD』
『東北ライブハウス大作戦』
(文:加藤鶴一)

3/4 live report 3/9 live report 3/11 live report 3/17 live report

スケジュール インフォ pick-up リンクス E-mail

Return to Top of page↑

Copyright(C) 1999-2050 Live-Bar Fandango. All rights reserved.
1-17-27 Juso-Honmachi
Yodogawa-ku
Osaka, Japan
call: 06-6308-1621
fax: 050-5531-8402
email: fandango@fandango-go.com