大阪のライブバー ファンダンゴ 音楽 ロック ギターのロゴ fandango pick-up live link english language link
cap gif. file link to Fandango schedule page cap gif. file link to Fandango information page cap gif. file link to Fandango links page link to fandnago GOODS page cap gif. file
cap gif. file link to Fandango pcik-up live page cap gif. file link to Fandango index page cap gif. file link to Fandango live report archives cap gif. file

バンド募集

ウルトラ募集

tommytown

spa
『僕らファンダンゴの周年である10月だけ、入り口の上のフラッグには
10月の出演者の名前が手書きで記される。
これを見るだけでも価値があるので、
是非とも10月はファンダンゴにお越し下さい。
展示は、10/31(土)までとなります。』

※ファンダンゴでは、各日のチケットの電話予約・E-mail予約を
受け付けています。お気軽にお問合せ下さい


吠えろ!ファンダンゴ!!
#193 おかげさまで、28周年なのです。



1987年10月20日に大阪のディープタウンである十三で産声を上げてから、早くも28年である。 これもひとえに、皆さんのお陰であります。10月はその僕らの記念すべき周年月間という事で、 今年もたくさんのバンドが僕らの28周年を祝いに来てくれる事になっている。 今回は周年イベントの一つ一つを、僕の独断と偏見だけで解説してみようと思う。 店頭で配布しているマンスリースケジュールを見ている方は、表面のスケジュールを参照しながら、 ウェブで見ている方は、スケジュールのコーナーを参照しながら、 読んで頂けたら分かりやすいかと思います。

10/1(木)この日は周年初日なので、僕が注目してるバンドに来てもらってます。河内REDSは天才バカボン、 TheBEGは火星人、ブリュッセル・グリフォンは努力家、ンダは永遠の旅人、そしてLADYMAIDは線香花火。 他にはなかなか見当たらない独特なセンスを持ったバンドマンたちの大狂宴。

10/2(金)おセンチなバンド、あまのじゃくによる渾身の企画。本当に古くからの付き合いの ジャカランタンやJUNIOR BREATHと会えるのが嬉しい。そして、激熱野郎の三好リョウバンドと 十三で噂になっている円盤少女や。個人的にも楽しみや。

10/3(土)日本PUNK界の最高峰であるthe原爆オナニーズvoのタイロウさんが 「ファンダンゴ周年の10月に大阪やりたいです。」と言ってくれて、この日が決まった。 共演は、20周年を迎えても更に油が乗りまくってるYOUTH ANTHEM、あらゆるジャンルから 愛されている脅威の3ピースバンドのコロボックルズ、そして期待の初登場であるCycosis。 今思い出したけど、25年程前に高校の時からずっと好きやった女の子がファンダンゴに原爆を見に来てくれたなあ。

10/4(日)ファンダンゴ村上曰く、史上最強の3マン。みんな大好き奈良の大将LOSTAGE、唯一無二の空感を 作り出してしまう群馬のG-FREAK FACTORY、表現の核を追求し続ける東京代表MEANING。 ジャンルの垣根を通り過ぎたところには愛しか無かった。そう思わずを得ない強烈なイベント。

10/5(月)大阪ナンバーワンの狂気とにして超ポップ、15周年を迎えたBacon最強のイベント。 狂宴は頑固一徹で正真正銘のロックバンドGRIKOと大阪・堺の暴れん坊将軍イヌガヨ。 転換アクトは、ヤバいぐらいHOTO&COOLな2人組の花柄ランタン。これは宇宙やな。

10/6(月)ファンダンゴが休みなので、僕のこの感極まった精神を休める為に、銭湯にでも行こうかと思っている。

10/7(火)全世界注目の奇人であり奇才、天野ジョージ率いる撃鉄、日本一の問題児クリトリック・リス、 うどんサイケ界のカリスマ太郎オシリペンペンズ、今や引っ張りだこのパノラマパナマタウン、ロック界の 貴公子まちぶせ、そしてファンダンゴ初登場だが天野ジョージ一押しのTHEこっけんろーるBAND。 イベント名も十三パトロールと、とんでもない夜になるな。

10/8(木)歌姫という言葉が一番しっくりくる女性シンガーてふてふの単独公演。歌に取り憑かれてしまった女の ド根性は世界を変える事が出来ると信じている。

10/9(金)日本パンクシーンの夜明けの一端を担ったアレルギー先輩の久々になるファンダンゴ。 共演は、福岡県は小倉の魔術師バンド首振りDollsとこれも久しぶりのファンダンゴとなる東京の 夢遊病者シスターポール。音楽っていうもんは一筋縄ではいかないというのを証明するようなイベントやな。

10/10(土)僕の幼い頃の遊び道具といえばB玉にべったん、女の子はおはじきにゴム跳びだった。 永遠の初期衝動バンドB玉、どこまでもハイスピードで突っ走るTHEクルマ、おはじきガールズバンド JESUS SHAPPOOH、街の歌う航海士である傷心の松、栃木では有名なコカコーラ少年オオヌキシンゴ。 そして大阪期待の新人テイカー。生きていく過程で絶対に忘れてはいけないものがここにある。

10/11(日)最近になって、ようやくワンピースを読み出した。このメンツが決まった時、ワンピースが頭に浮かんだ。 野望を抱いた純粋なロック海賊は今宵も歌うのだ。ビートモーターズがルフィーで、 片山尚志バンドがゾロ、ブルボンズはサンジで、バニーブルースはウソップ。完璧やんか。俺たちの航海はまだまだ続く。

10/12(月)せっかくの祝日だが、訳あって休みにした。噂のミナミホイールに初めて行ってみようかと思っているが、 恐らく行かないだろう。

10/13(火)もう8回目になるのか。十三・三羽ガラスの、高木まひこ、沢田ナオヤ、酒井ヒロキは、 かつて十三で出会い、十三で暮らしていた。その腐れ縁三人組による、年に一回だけの一大イベント。 このイベントを始めた当初は僕も含めた4人が、十三東口にある立ち飲み屋イマナカでドップリ 飲んでからファンダンゴに向かってたなあ。

10/14(水)ガガガSPのコザック前田率いる最狂パブロックバンドTheサードと東大阪の愚連隊 ギャーギャーズが重なる時は何かが起こる。それに更に輪をかけるのが、日本ソウル界の女番長 ズクナシと自称浪速のぶりっこロックバンドのキャラメルバッヂ。面白くない訳がない。 このイベントタイトルは、赤塚不二夫の本からパクっている。

10/15(木)ずっと、ずっと、ここファンダンゴで実現したかった2マン。セカイイチもおとぎ話も 出会った瞬間に好きになって、今だに大好きな、僕にとっては珍しいバンドだ。願いはいつか叶うものである。

10/16(金)北大阪の暴発ロックバンドはいからはくちのレコ発イベント。暴発な彼等が記念すべきイベントに招いたのは、 十三の御機嫌ハートフルバンド高木まひことシェキナベイベーズ、東京の噛みつき犬LIE-DOWN、 岡山名物ファンキー吉備団子Morning Erections。イケてるがな。

10/17(土)日本最強の美人だけど厳ついガールズトリオバンドつしまみれのレコ発ワンマンである。 今回のアルバムは良い意味でみんなを裏切ってるぞ。たっぷり見せてもらうで、女のド根性。絶対カッコええ。

10/18(日)毎年恒例のファンダンゴ誕生日無料コンサートや。これを毎日出来たらええけど、やっぱり一年に一回が限界や。 三重は四日市の爆弾GASOLINE、曲がる事を知らない京都の一直線バンドTHEロック大臣ズ、 大阪の魔球バカ一代バイセーシ、響心帝国の総理率いる姫路の厄介者響心SoundsorChestrA、 秘密の都から大気圏を越えて突如日本に現れた奇天烈ギャルバンのヒミツノミヤコ、北九州が世界に 誇る炭坑パンクバンドTHEVOTTONES。正に何が起こっても不思議じゃない恐怖のイベントだ。

10/19(月)前日の悪夢のせいで、立ち上がる事すら出来ないだろうから、休みます。

10/20(火)昨年の10月にQOOLANDのVO.平井君とションベン横丁で飲んでいる際に 「ファンダンゴは1987年オープンですよね。実は僕らも1987年生まれなんですけど、 以外と同い年のバンドマンは多いですよ。」という平井君の一言が切っ掛けで実現したイベント。 その名も「1987」。初日は、刃の上を疾走し続ける名古屋の赤いロックバンドビレッジマンズストア、 同じく名古屋から変幻自在のマシンガンバンドミソッカス、北九州の妖怪ロックトリオ首振りDolls、 もはやジャンルでは縛れない大阪の動くサファリパークBoiler陸亀、そして転んでも 起き上がってくる往生際の悪さが魅力のTHE抱きしめるズ。

10/21(水)1987の2日目。捻くれ具合と尖り具合が味、実は十三出身のQOOLAND、 壮大な世界観と久しぶりに会えるのが本当に嬉しいENTHRALLS、名前は知っていたが ここで出会えるとはDAISY LOO、脅威のジャパニーズ祭りサウンドGENSHOU-現象-、 こないだのワンマンも楽しかったなMAMADRIVE。

10/22(木)1987の最終日。男ロック道をドヤ顔で闊歩するLarge House Satisfaction、 新作も強烈な大分が生んだ奇跡の4人組ircle、彼等を見ると何故か東京を旅したくなるmyeahns、 その熱い気持ちがあれば不器用でもいいじゃないか神頼みレコード、温泉大好きな僕は まずこのバンド名に惚れた、大分が産んだ真実hotspring。

10/23(金)大阪・堺のイケてるオッサンGOOD4NOTHINGの記念すべきレコ発十三編。 ゲストバンドは、今話題沸騰中な堺のスケバン代表格Dizzy Sunfist、北日本出身永遠の 激熱バンドNorthern19。グッドメロディーにノックアウトやわ。

10/24(土)毎年恒例となった、魂を揺さぶるパンクバンドSPREADのワンマン公演。 もう20年近くの付き合いになるが、そんな彼等がこのステージで立ち続けてくれている事が嬉しい。 10/25(日)一度噛み締めてしまったら、二度と忘れられないのが不思議だ。

ひねくれポップの大御所サード・クラスのレコ発ライブ。ゲストは、 トモさん(TOMOVSKY)とハルさん(Theピーズ)からなる大木兄弟。

10/26(月)どれだけ忙しくても、スケジュールの合間を探して来てくれるウルフルケイスケさん、 彼の笑顔は正真正銘の本物だ。共演に、昨年突如として復活した大阪名物ザ★キャバレーと 栃木を拠点に全国を飛び回り続けているポップパンクバンドKiNGONSを迎えて、セッションあり、 技のかけ合いありの大ロック祭りだ。

10/27(火)メロディックパンク界の雄DRADNATS、 ほんまに久しぶりの十三公演である。 共演は、明日は何処だと全国を飛び回るスピードロック野郎アップル斎藤と愉快なヘラクレスたち、 大阪メロディック期待の星でファンダンゴ初登場のGIZMO、暗黒の世界から明かりを求めて 舞い降りて来た轟音POPガナリヤ、サイレントニクス。

10/28(水)京都ロックの重鎮であり魔界在住の騒音寺と大阪ロックの重鎮であり 路地裏在住のイヌガヨによる2マンライブが実現。ただ、この日はその勝負の行司役として、 神戸ロック界脅威の若手筆頭株がらくたロボットがオープニングアクトで出演する。 ハッキリ言うてヤバいで。

10/29(木)情熱を絵に描いたような男である三好リョウ率いる三好リョウバンドによる 激熱イベント。対バンは、久しぶりの登場になる十三出身東京在住 トキメキ・ハーコ・ポップ・バンドのユナイテッドモンモンサン、 これも久しぶりなロックとソウルのヤバい融合Dr.FOOL、ちょこちょこと名前を 見かける事もあって僕が気になっているバンドの一つカトキット。

10/30(金)バンド名の如く、生身の自分を飾りっけ無しで表現し続けているバンド裸体のイベント。 共演は、全国津々浦々にその名を轟かせるライブバンドLiaroid Cinema、 狼という言葉が世界一しっくりくる京都のピアノガール、色んな人から噂を聞いている期待のHalf-Life。 この日は、むき出しのオンパレードやな。

10/31(土)ファンダンゴ28周年の最終日。最終日を飾るのは、 かれこれ20年以上の付き合いになる夕凪。20年以上も活動してるのに、 色褪せるどころか、更に新しい場所に立ち続けているのは、夕凪が妖怪だからだ。 そんな夕凪が招聘したのが、金佑龍バンド。どこまでも壮大なウリョン君のバンドを見るのは、 久しぶりの事である。いろんな意味で楽しみが詰まった、周年最終日らしい素敵な一日になりそうだ。
(文:加藤鶴一)


※常設している東日本大震災復興募金箱寄付金に関して※
FANDANGOでは引き続きバーカウンターにて、
東日本大震災復興支援募金箱を設置してますので、
無理の無い範囲でご協力の程、宜しくお願い致します!!

*十三駅前ションベン横丁復興支援に関して*
ションベン横丁復興支援募金と署名が6月末で打ち切りになりましたので、
FANDANGO受付の募金箱は7月1日より、
東日本大震災復興支援募金箱に戻させて頂きます。
尚、復興支援Tシャツに関しましては、
現在の在庫のみの販売となりますので、
ご希望の方はお早めにご購入頂けたらと思います。
復興支援Tシャツと復興状況に関しては、以下のリンクにて確認下さい。
引き続きの御協力を宜しくお願いいたします!!



『十三駅前ションベン横丁復興支援Tシャツ販売 中!!』
『十三トミータ ウン(ションベン横丁)復興の進捗状況』






『NBC作戦本舗』
『南相馬の託児所「KID'S CLUB」』
『ONE WORD FOR ONE WORLD』
『東北ライブハウス大作戦』
『夢ママ(岩手県大船渡長沢仮設代表)』

9/7 live report 9/17 live report 9/19 live report 9/22 live report

スケジュール インフォ pick-up リンクス E-mail

Return to Top of page↑

Copyright(C) 1999-2050 Live-Bar Fandango. All rights reserved.
1-17-27 Juso-Honmachi
Yodogawa-ku
Osaka, Japan
call: 06-6308-1621
fax: 06-6301-2511
email: fandango@fandango-go.com